「葬儀」におけるマナー

お葬式のマナー 慶弔のマナー
お葬式のマナー

葬儀に参列する側のマナー

葬儀の参列は、大きく深い悲しみの中で遺族に寄り添い出来る限り丁寧な弔意を示したいものですが、葬儀のマナーにおいては、宗教や宗派や地域でも異なるので、きちんとした参列が出来るか不安に思う人もいるのではないでしょうか。

参列やお焼香の仕方など、基本的なマナーを知る事で故人のお見送りの儀式を正しく出来るように学びマナーを押さえて行動しましょう。

服装のマナー

現在のお葬式では、遺族も会葬者も喪服を着用するのが一般的ですが、正式礼装は喪主や遺族の方の装いなので、一般会葬者として参列する場は、正式礼装より格下の準礼装や略礼装の装いにしましょう。男性はブラックスーツかダークスーツ、女性は黒のシンプルなアンサンブルやスーツなどがよいでしょう。

喪服の「正式礼装」「準礼装」「略礼装」の違いについて見ていきましょう。

・正式礼装

最も格式高いのが正喪服です。葬儀や告別式、一周忌までの法要で、喪主や親族など主催する側の人が着るものです。

・準喪服

一般的な喪服のこと。一般参列者としてお通夜やお葬式に伺うのであれば、

準喪服を選びましょう。喪主や遺族が着用することもあります。

・略喪服

三回忌以降の法事や急な弔問、お通夜へ参列する際に着用します。男性も女性も、黒や濃紺などのダークカラーで控えめな服装を選べば失礼になりません。

参列者の身だしなみのマナー

弔事の場にふさわしくないアイテム

参列する際には毛皮や動物の皮とわかる爬虫類系の皮革(クロコなど)は殺生をイメージさせるので相応しくありません。

革製品を身に着ける場合は、ツヤを抑えたものを選ぶのが無難です。

また、光沢のある装飾品なども弔事にふさわしくありません。

肌を見せないように心掛ける

どんな服を選んでも、必要以上に肌を露出させないように気を付けましょう。

喪服(準喪服)の準備について

最近では、慶事・弔事、どちらでも使える喪服も多くあります。

もし喪服の準備が無い場合や、お通夜なら、女性は黒いワンピースやセットアップ、黒スーツなどを着用します。正喪服と違って、多少の飾りなども派手にならない程度であればかまわないとされています。

気を付けたいのがスカート丈ですが、短くてもひざが隠れる程度のものにするのがマナーです。

お香典についてのマナー

お香典にはいくら包むべきでしょうか、ご葬儀の作法やマナーと同じく気になる方が多いかと思います。

お香典は気持ちが大切ではありますが、社会的な地位や立場に応じて金額も変わってきます。

●仕事関係の方が亡くなられた場合

ご自身の年齢に合わせるのが一般的です。

20代から30代までなら3,000円~1万円

40代以降は1万円以上を包むことが多いです。

●親族の方が亡くなられた場合

義理の両親へのお香典や兄弟、姉妹といったご家族、ご親族の場合には3万円から10万円の間が一般的な相場となっています。

このように、お香典は立場によって包む金額もかなり違いが生じ、また地域によって相場が異なることもありますので、事前に調べておくとよいでしょう。

焼香のマナー

仏式葬儀の参列者は焼香をします。

焼香は「右手の指先で抹香をつまみ、額に掲げてから香炉にくべる」という流れが一般的ですが、宗派によって焼香の回数や方法は異なるため注意しましょう

例えば、天台宗の焼香回数は1回または3回、真言宗では3回です。

臨済宗では「つまんだ抹香を額に掲げずそのまま香炉にくべる」という特徴があります。

参列する前には、葬儀の宗派を予め確認ておくと安心です。

参列者が多い葬儀の場合、宗派に関わらず「焼香は1回で済ませてください」と言われるケースもあります。

案内があった場合は、係員の案内に従いましょう。

遺族への声掛けマナー

大きな悲しみの中にいる遺族への声掛けには配慮が必要です。

一般的なお悔やみの言葉としては「この度はご愁傷様でございます」「心からお悔やみ申し上げます」などがあります。

遺族へ声掛けをする際には「忌み言葉」に注意が必要です。

死を連想させるため「たびたび」「くれぐれも」など同じ単語を繰り返す言葉は避けましょう。

葬儀の参列の流れは事前に調べておきましょう

葬儀に参列した経験が少ないと、そもそもの流れが分からないこともあるでしょう。そこで事前に流れについて調べておくことをおすすめします。

お通夜は文字通り夜に行われますが、葬儀は日中に行われます。会場に到着すると受付を行い、席に座って僧侶の到着を待ちます。

弔辞が行われ、読経と焼香、僧侶の退場の後、弔電が読み上げられ、棺に花を納めてお別れをして、喪主の挨拶で閉式となります。棺を霊柩車まで運んだら出棺、火葬場での火葬という流れが一般的です。

葬儀の参列時のマナー違反

遺族との長話

葬儀中の遺族は悲しみを感じながらも、式を進めるために忙しい状況にあります。故人への気持ちや遺族への励ましの言葉を伝えたいという気持ちもありますが、葬儀の場で無理にすべてを伝える必要はありません。

葬儀へ参列したことであなたの弔意は十分に伝わりますので、遺族と親しい場合でも長話は避け、手短にお悔やみの言葉を伝えましょう。

死亡理由を尋ねる

葬儀に参列した際、故人がどうして亡くなったかは気になる部分かもしれませんが、最も悲しみを感じている遺族に対して、死亡理由を尋ねることは何よりのマナー違反です。

思いやりを大切にしましょう。

葬儀に遅刻する

葬儀への遅刻はもちろんマナー違反です。

時間と会場はしっかりと確認し、出発前に必ず再度確認しましょう。

万が一、葬儀へ遅れてしまい読経が始まっていた場合は、途中で着席するのは控えます。読経が終わってからお詫びをし、焼香をさせてもらいましょう。

通夜振る舞いを断る

通夜振る舞いは故人を供養するためのものであり、お断りするのは失礼にあたります。

たとえ時間がないときでもお断りをせず、箸を付けるだけでもよいので参加しましょう。

宗教・宗派を理解していない

宗教・宗派によって葬儀のマナーは異なります。例えば、キリスト教では「死」は縁起の悪いものではありません。そのため「ご愁傷様」などの言葉は使わず「安らかなお眠りをお祈りします」「平安がありますように」などの声掛けをします。

また、同じ仏教でも宗派ごとに作法も違うでしょう。マナーを守って故人への弔意を示すためにも、葬儀の宗教・宗派については必ず確認をしてから参列します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました