「お中元」におけるマナー

お中元のマナー 贈り物のマナー
お中元のマナー

日頃からお世話になっている方々に感謝の気持ちで贈る夏のご挨拶としてお中元がありますが、そもそもお中元の起源を辿りますと、中国の道教にあるとされており、古代の中国道教で「三元」の日に、「三官」を祭ったとされています。

  • 上元は1月15日で福をもたらす天官。
  • 中元は7月15日で罪をゆるす地官。
  • 下元は10月15日では害除けの水官。

を祭る行事がありました、ですので7月15日の中元は仏教ではお盆の行事と同じ日ですので、その習わしが日本に伝えられたと考えられています。

お中元のマナー

お歳暮とお中元何が違うの?

どちらも感謝の気持ちを込めて伝える行事としては同じですが、お中元の場合、夏に贈り物をするので
相手方の健康を願う意味合いが強いです。

お歳暮はその年の締めくくりとして、感謝の気持ちをお贈りするものという意識が強いでしょう。

お中元はいつ贈ばいいの?

地域差はあるものの、一般的な目安としてお中元は7月の上旬、7月15日の「中元」までにお贈りしましょう。

最近では地域に依存することなく7月のはじめから、中頃までに贈る事が多いようです。

お中元の相手が喪中だけどどうすれば?

もしも相手先が喪中であっても、お中元は失礼にはなりませんが、相手方の配慮をするならば「のし紙」を控えて出したり、時期をずらして「残暑見舞い」として贈るのがスマートです。

お中元を貰ったらお返しは必ずすべき?

お中元は日頃お世話になっている方の感謝の気持ちを伝えるためのものであるので、届いたからといって必ずかえさなければならないものでもありませんが、頂いたお礼の気持ちを「手紙」で返したり、または「残暑御見舞」でお返しをするとよいでしょう。

お中元を出し忘れてしまった!

7月15日を過ぎてしまった場合は「のし紙」の表書きを「暑中御見舞」「暑中御伺」と変更して立秋の8月8日までに送るようにしましょう。

それも過ぎてしまっているならば、9月の上旬まで「残暑御伺」「残暑御見舞」として贈るのがスマートでしょう。

お中元に何を送ればよいか分からない

一般的には、相手方の好みや家族構成など、普段の交流から情報を留めておきその方に合ったものを送るのが◎ですが、もし知りうる情報がなく、何を贈っていいかわからなくない場合は、どんな方でも好きなお菓子や、夏場なので冷やして召し上がれるものが無難でしょう。

また、相手方が何人なのか分からないので、小分けに出来て配れるような品がよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました