「ホワイトデー」のマナー

ホワイトデーのマナー 贈り物のマナー
ホワイトデーのマナー

ホワイトデーは、バレンタインデーにチョコレートなどをもらった男性がそのお返しとして女性へプレゼントを贈る日です。

日本で生まれた習慣で、海外ではあまり知られていません。

お返しのタイミング

ホワイトデーは3月14日ですが、その日に必ずプレゼントを渡さなければならないわけではありません。

一般的には、バレンタインデーから1か月以内に渡すことが望ましいとされます。

ただし、遅くなっても謝罪や理由を添えることで気持ちを伝えることが大切です。

お返しの相場について

ホワイトデーのプレゼントは、バレンタインデーにもらったチョコレートや気持ちに見合ったものを選ぶことがマナーです。

一般的には、「三倍返しが基本」と言われていますが、これはあくまでも目安であり、相手や関係性によって変わります。

例えば、友人や同僚からもらった義理チョコに対しては1000円程度、恋人や家族からもらった本命チョコに対しては3000円以上が妥当だと考えられます。

お返しの種類について

ホワイトデーのプレゼントは、「白」をテーマにしたキャンディやマシュマロ、クッキーやケーキなどのスイーツが定番です。

しかし、最近では女性側から「食べ物以外が欲しい」という声も多く聞かれます。

そこでオススメなのが雑貨やアクセサリーなど女性好みの小物です。

特別感や高級感を出すためにブランド品を選ぶこともありますが、相手が喜ぶかどうか確認することや予算内で選ぶことが重要です。

お返しの包み方

ホワイトデーのプレゼントは、見た目も大切です。

相手に気持ちを伝えるために、丁寧にラッピングすることがマナーです。

ラッピングの色や柄は、白やパステルカラーなど淡い色が好まれます。

また、リボンやタグなどでアクセントをつけることもオススメです。タグには一言メッセージを添えるとより印象的になります。

お返しの渡し方

ホワイトデーのプレゼントは、できるだけ直接手渡すことがマナーです。

相手の目を見て笑顔で「バレンタインデーありがとう」と感謝の言葉を伝えましょう。

もし直接渡せない場合は、事前に連絡して理由を説明し、郵送や配達サービスなどで届けるようにします。

その際もメッセージカードや電話などで気持ちを伝えることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました